秀樹さんありがとう!西城秀樹告別式!

Pocket






引用元:https://mainichi.jp/articles/20180526/k00/00e/040/272000c

5月26日、西城秀樹さんの告別式が開かれました。西城さんは長年闘病生活を送っており、活動の再開を望まれていました。彼の冥福を祈ります。

西城さんの存在を知っている若者は多いですが、どういう人物なのか詳しい方は少ないでしょう。
今回は西城秀樹さんについてまとめていきたいと思います。


【TBCヒゲ脱毛】が初回限定1000円★TBCならエステティック初めての男性も安心


  • ロックの伝道!西城秀樹とは!?


西城 秀樹
出生名:木本龍雄
生誕:1955年4月13日
出身:日本 広島県
職業:歌手俳優
事務所:アースコーポレーション

引用元:http://www.earth-corp.co.jp/HIDEKI/

広島県広島市出身。

高等生時代にジャズ喫茶でバンド出演し、たまたま歌唱していたところをスカウト。
最初は消極的でしたが、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がヒットして歌謡曲が変わり始めた時期と感じ、スカウトを承諾します。父親が頑固で厳格な人であったため芸能界入りを猛反対されますが、その反対を押し切り家出同然で広島から上京。
芸能事務所「芸映」に所属し、明大中野高等学校定時制へ転校します。

1972年、日本ビクターのRCAレーベルよりシングル「恋する季節」で歌手デビュー


引用元:http://kayokyoku.com/2016/02/21/%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9%EF%BC%8F%E6%81%8B%E3%81%99%E

3%82%8B%E5%AD%A3%E7%AF%80/

1973年、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれます。「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。「第15回日本レコード大賞」で初の歌唱賞を受賞します。


引用元:http://www.soundfinder.jp/products/view/1383835

1974年、「激しい恋」がオリコン年間チャートの第8位を獲得。「傷だらけのローラ」が、「第16回日本レコード大賞」で歌唱賞を受賞し、ポップス歌手としては史上初となる2年連続受賞を樹立します。「第25回NHK紅白歌合戦」にも初出場。
寺内貫太郎一家」「愛と誠」出演と、俳優としても活動します。


引用元:https://books.rakuten.co.jp/rb/3917115/

1976年「ジャガー」、1978年「」で、「東京音楽祭」国内大会でゴールデン・カナリー賞を受賞し、世界大会にも出場。1979年、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」で「Y.M.C.A.」の4文字を全身で表現するパフォーマンスを披露します。


引用元:http://www.1242.com/lf/articles/93917/?cat=entertainment&feat=music_calendar

ロック系のポピュラー音楽を中心にしたコンサート活動も精力的に行い、1974年から1983年まで10年連続で、大阪スタヂアムでのスタジアム・コンサートを開催。1975年秋には、日本人のソロ歌手として史上初となる日本武道館でのリサイタルを公演し、その後11年連続で開催します。
1981年4月6日、「リトルガール」でシングル30曲ベストテン入り(オリコン史上初。続く「セクシーガール」で、発売シングルレコードの総売上枚数が1,000万枚を突破します。同年、香港で初のコンサートを開催し、その後もアジア各国でコンサートを行う。


引用元:https://www.snowrecords.jp/?pid=101141505

1983年1月21日、スタッフと共に芸映を円満退社し独立、株式会社「アースコーポレーション」を設立。第1弾シングルは「ギャランドゥ」。以降はそれまでの歌謡曲の枠に囚われることなくロック系、バラード系の曲にも意欲的に取り組むようになります。


引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5-%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9/dp/B07B96V4KD

2000年、ビクター音楽産業系から、ポリドールへ移籍し「Bailamos」をリリース。その後はユニバーサルミュージックやbattle Cry Soundレーベルとレーベルを転々とします。

2001年に結婚し、3人の子供をさずかります。

2003年に韓国で脳梗塞を発症。軽度の言語障害の後遺症は残るものの闘病の末復帰します。
しかし、2011年12月20日、脳梗塞の再発し2週間程度入院。右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残りますがリハビリに励み、徐々に歩行の状態などが改善していました。

2018年、急性心不全のため死去

彼が残した偉業の数々は多くの方々に影響を及ぼしました。
著名人の彼への追悼の言葉からもその彼の影響力が伝わります。

西城秀樹の作品がコチラ↓

ゴールデン☆ベスト デラックス 西城秀樹 [ 西城秀樹 ]

価格:3,635円
(2018/5/30 07:58時点)
感想(18件)

HIDEKI NHK Collection 西城秀樹~若さと情熱と感激と~ DVD BOX 全3枚

価格:17,820円
(2018/5/30 07:58時点)
感想(0件)

心響ーKODOU- 西城秀樹還暦記念アルバム [ 西城秀樹 ]

価格:2,256円
(2018/5/30 07:58時点)
感想(6件)

ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。


  • 遺したもの!西城秀樹の功績!


西城さんの残した功績は数知れずあり、多くの人に影響を残しています。

まず、彼の歌い方です。シャウトを多用したり声を裏返して歌う歌唱法は邦ロックに多大な影響を与えました。
もともと西城さんが海外のロックが好きでその歌唱法をうまく取り入れ、歌謡曲に織り交ぜました。

その歌い方がTHE HIGH-LOWSROLLYダイヤモンド☆ユカイなどの邦ロックの先駆者たちに影響を及ぼし、今の邦ロックの礎になっています。


引用元:http://www.jame-world.com/us/articles-103517-the-high-lows.html


引用元:http://www.syncmusic.jp/wordpress/?p=2336

ほかにも、スタジアムコンサートの開催スタンドマイクを使ったパフォーマンスなども西城さんが切り開いていきました。

また、ロックバンドがテレビに出演するようになったのも西城さんの影響があるようです。
西城さんはロックを織り交ぜたショーを展開していたため、多くのロックバンドとの交流を持ち合わせます。
GACKTさんもその一人で、西城さん開催のコンサートに出演したりとお世話になったようです。


引用元:https://grapee.jp/439592

また、アイドルとしても多くの文化を作っていきました。
まずロックをアイドルが歌うようになったのは西城さんの影響あってのものです。
そのほかにも球場ライブや武道館のソロライブ、コンサートでのペンライトやゴンドラの使用、ファンと一緒に振りを踊ると現代のアイドルの普通のパフォーマンスを作り上げていったのが西城さんなんです。

何よりも彼の楽曲が後世に影響を及ぼしています。
1979年発売の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」は国民みんなが知っている大ヒット曲です。

この楽曲はVillage People「Y.M.C.A.」をカバーしたものです。

彼はほかにも洋楽をカバーしておりますが、この楽曲の特徴は他のアーティストからカバーされるという現象が起きています。
「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」はGENERATIONSBOYS AND MEN、さらに桑田佳祐さんがライブでカバーするなど、
カバー曲をまたカバーするという異常な現象が起きているんです。

それほどの「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」は多くのアーティストに影響を与えているんです。

西城さんの遺したものはとても大きいですね。

24時間安定稼働の初期費用無料、最低利用期間無し、月額1,800円から使える【ConoHa for Windows Server】


  • 「秀樹さんありがとう」。追悼の声。


西城さんの訃報を受けて多くの著名人がコメントを寄せています。

まず、ロックバンド「BOØWY」に所属した、ギタリスト・布袋寅泰さんはTwitterにて


引用元:http://www.hotei.com/index2.html

とコメント。また、西城さんと交流もある黒柳徹子さんは、


引用元:https://dot.asahi.com/wa/2018020600055.html

「出演者の中で、ダントツに歌がうまかった。YMCAをみんなでやったこと、忘れません」
「最後に会ったとき、足を引きずって歩いてたのが気になったけど、『頑張りますね』とおっしゃって私の勇気にもなった。残念です」

とコメント。

ちびまる子ちゃん」作者の漫画家のさくらももこさんは、


引用元:https://lineblog.me/sakuramomoko/

「秀樹さんが亡くなってしまいました。『走れ正直者』(『ちびまる子ちゃん』エンディング曲)を歌っていただきとても楽しいテーマ曲になりました。私たちの世代にとって秀樹さんは本当にスターでした。心から御冥福を御祈りします」

とコメント。

「ちびまる子ちゃん」には西城さん本人がキャラクターとしても登場していました。
今回の訃報を受けてアニメ「ちびまる子ちゃん」でも
27日、西城さん関連のエピソードをお送りした後、西城さんを描いたイラストとともに、「秀樹さん ありがとう」のメッセージが表示されました。

また、企業からもコメントが、

バーモントカレーで有名な、ハウス食品。70年代にCMに西城さんが出演していたことがありました。


引用元:https://housefoods.jp/company/index.html

突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。
西城秀樹さんには、弊社のTVCMに多数ご出演いただき、大変お世話になりました。
中でも1973年から1985年までご出演をいただいた「バーモントカレー」のTVCMは大変好評をいただき、そのお陰もあって今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと大変深く感謝しております。
在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

アニメに本人が登場する演出も、カレーライスを流行させるきっかけも西城さんから始まっているんですね。
ジャンル問わず西城さんの影響力はとてつもないものでした。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


  • 最後の御三家。二人の弔辞


5月25日、西城さんの告別式が行われました。
芸能関係者やファン1万人が会場に集まりました。
その告別式で弔辞を読んだのが「新御三家」と呼ばれた。野口五郎さん、郷ひろみさんのお二人です。
今回は弔辞の言葉から一部抜粋して記事に記載します。

野口五郎さん


引用元:https://twitter.com/noguchi_goro

秀樹ほど、天真爛漫(てんしんらんまん)という言葉がぴったりな人は僕はこれまでに会ったことがない。何事にもまっすぐで、前向きで、おおらかで。出会う人を全て魅了する優しさと全てを受け入れる潔さとたくましさ。そんな君を慕う後輩がどんなにたくさんいたか。僕はうらやましかったよ。
僕もひろみも、秀樹の代わりにはなれないけど、まだしばらくは頑張って歌うからね。おまえの分も歌い続けるからね。そして君を慕ってくれた後輩たちとともに、僕らの愛した秀樹の素晴らしさを語っていこうと思います。何よりも君を愛し、支え続けたファンの方々とともに。

郷ひろみさん


引用元:https://lineblog.me/hiromi_go/

僕は秀樹のことを兄貴という風に思っていました。というか、まず最初にデビューした五郎が長男で、秀樹が次男。僕が三男。その思いは今でも変わっていません。これからも、秀樹の背中を見て、心の中でそう思って、ずっと歌を歌い続けていきたいと思っています。

「新御三家」として時代を走り築き上げていった三人。彼らにしか分からないことがあったと思います。
お二人のこれからの活躍の中でも西城さんの存在は語り継がれていくのでしょう。

弔辞前文はこちら
野口五郎さん→「秀樹、僕はうらやましかったよ」野口五郎さん弔辞全文
郷ひろみさん→「秀樹を兄貴と」郷ひろみさん、最初で最後の手紙全文



こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

引用元:http://webronza.asahi.com/culture/articles/2018051800006.html

我々はとても惜しい人をなくしました。
彼の功績とその影響はこれからも続き語り継がれていくでしょう。
西城さんの安らかな眠りを祈ります。